東京大学アイソトープ総合センター在籍医師監修
MDT東京衛生検査所

登録番号 3令台台健生医い第120号

MDT東京衛生検査所は東京大学アイソトープ総合センター在籍医師監修のもと
新型コロナウイルスのPCR検査を行う登録衛生検査所です。

新型コロナウイルスPCR検査

検査費用

バリューパッケージプラン 33,000
新型コロナウイルス抗原検査キット1箱10テスト分+高精度PCR検査(結果をメールで通知)

高精度PCR検査(検査結果をメールで通知) 11,000
検査の翌日にご登録のメールアドレスに検査結果がメールで届きます。

新型コロナウイルス抗原検査キット1箱(10テスト分) 33,000
オープニング期間限定送料無料
保険適用に向けて体外診断用医薬品として薬事承認取得。

検査方法

検査キットご購入後、検査キットが届きます。
届いたキットで検体(唾液)を採取してご返送ください。

検体受領日当日検査、翌日検査結果をメールで通知が基本となりますが、検体の到着時間により翌日検査となる場合がございます。

MDT東京衛生検査所で使用する機器と検査薬

高性能リアルタイムPCR
システムを採用

MDT東京衛生検査所で使用する機器 | BIO RAD

WHO推奨プライマー使用の
高感度試薬を採用

MDT東京衛生検査所で使用する検査薬 | SD BIOSENSOR

最新ニュース

[NEW] 管理医療機器「パルスオキシメータ| RAMEDICO KA200」販売開始

今までは病院でしか測ることのなかった血液中の酸素濃度。
息苦しさなどの体の不調を感じたときに。
不安を安心に変える一つの指標として、これからは一家に一台、新習慣に。

パルスオキシメータ | RAMEDICO KA200
RAMEDICO KA200

「体外診断用医薬品」承認 新型コロナウイルス抗原検査キットの販売開始

厚労省は「医療用の抗原検査キット」を保険薬局(調剤薬局)で販売することを特例的に許可しました。

「体外診断用医薬品」承認            新型コロナウイルス抗原検査キットの 販売開始

検査方法の違い

MDT東京衛生検査所の検査

MDT東京衛生検査所の検査

核酸抽出でPCR反応の疎外物を除くため感度が高い

行政検査所で行われている国立感染症研究所のマニュアルに準拠した方法で検査

東京大学在籍医師の指導監督による精度管理

一般的な検査 ダイレクトPCR

核酸以外の不純物が入った状態でPCRを行うため感度が下がる